好きな事だけをやる!

好きな事だけしかやらないで生きていく!

自宅が火事になったら・・・自宅が火事になりましたwww

      2020/02/02

LINEで送る
[`yahoo` not found]

スポンサーリンク

自宅が火事になったら・・・自宅が火事になりましたwww

こんにちは。めっちゃ久し振りの更新になります。

実は、タイトル通り、私の自宅が2019年11月4日、連休の最終日火事になりました。

笑ってる場合では無い事態ですが、私の事をよく思っていない方は喜んでいるだろうと思います。

私の自宅は、賃貸の一軒家で、相当古い家だったのですが、自宅が火災に遭うことなど望んではいないし、

経験するとは本当に思いもしませんでした。

十分に注意を払っていても、残念ですが全ての家はいろいろな事情によって火事に遭ってしまう可能性があるという事を

知らされました。

空気が乾燥してくる時期は注意が必要!!

っと心では分かっているのですが・・・(-_-;)

それで、今回は、私自身が経験した事から、万が一自宅が火事になってしまった場合に必要な手続きなどについて

詳しく解説していこうと思います。

自宅が、火事に遭うことを想像して準備をしているという人はほとんどいないと思います。

しかし、現に起こってしまいました。

どうして良いのか分からない・・・

これから先は・・・

色々な不安などが、心に押し寄せてきます。

119 消防署に電話

まず、自宅が火事になったら、119番の消防署に通報(電話)しましょう!

119番の消防署に火事になった事を伝えると、消防署から警察、電力会社、ガス会社の方にも連絡が行くので、

消防署にまず電話をし、消火活動を1秒でも早くして貰う事が必要です。

これが、先に110番の警察署の方に電話してしまうと、110番の警察署の後に、消防署の方にも

電話かけないといけなくなりますので、2度手間なのと、消火活動が遅れます。

まして、火事になっている自宅から消防署が離れてるとそれだけ消火活動が遅くなります。

ちなみに私の自宅の火事に気付き、消防署に電話して、消防車が到着するまでのたった10分が相当長い時間に感じました。

そのたった10分の間に、発見時よりかなり燃え広がっていました。

発見時は、縦横30cm位のボヤの様な火が、1部屋丸々焼けてしまったのですから、火の広がりは相当早いです。

そんな中、先に110番通報で警察署に電話していたら、全焼してもおかしくありません。

なので、万が一自宅が火事になってしまった場合、まずは、119番通報の消防署だという事は心のどこかに置いといてください。

罹災証明書

自宅が、火事になると、冷静な精神状態ではいられなく、失望感や絶望感・・・

これから、先の人生をZEROからやり直すためにも前を向かなければいけません。

まずは罹災証明書を取りましょう!

罹災証明書がなければ、色々な手続きが進みません。

罹災証明書は、消火活動をしてくれた、消防署で貰えます。

いや、貰えると言うのはおかしいですね・・・(-_-;)

消防署で買わされます。

当方の消防署では、1通100円でした。

自宅が火事になり、これから色々お金が要るのに、100円も取られます。

消防署に身分を証明する運転免許証などをお持ちになり、いる分のお金を持っていけば、購入できます。

あっ!ここで付け加えるのですが、当方の消防署では、消火を担当した消防署員さんがいる日にしか

受け付けはしてくれませんでした。

私の自宅が火災になったのが、11月4日なので、偶数日しか、罹災証明書は発行してくれませんでした。

地方や他の消防署は、どうなのか分かりませんので、その辺りはご自身の消防署で確認してください。

当方では、5通発行して貰いましたが、コピーでOKな所や、また別の日に消防署で追加で発行して貰う事も出来ますので、

1通100円が惜しい場合は、良く考えてから発行して貰いましょう!

家主、管理会社に連絡

私の場合、賃貸住宅でしたので、自宅が火事になり、消防署に連絡したすぐ後に、管理会社の方に連絡いれました。

この時、消防署の方が消火活動中で、私は、警察の方に状況説明などをしていたので、管理会社の方への連絡は、

同居人に任せましたが、管理会社の方は、そちらの物件は当方で管理していないので、直接家主に連絡してくれ!と言われ、

家主の方に連絡を入れました。

この時は、家主さんの方も、私たちの体の心配をしてくださりましたが・・・

保険会社へ連絡

 

私は、賃貸契約時、強制で火災保険と家財保険に加入していましたので、保険会社に連絡しました。

ここで、まずは、保険金を請求するために、罹災証明書が必要になります。

保険会社に連絡すると、火事の被害の確認をしに保険会社の査定員が、火災の原因などを調べるために現場の調査や、

写真を撮りにきますので、火事被害の現状のまま何も触らずにした方が良いみたいでしたが、私たちは、足の踏み場もなく、

水浸しになってたので、水をぞうきんで絞ったり、足の踏み場を作ったり、そこそこ片付けてしまいました(;^ω^)

その他の手続きなどに困った場合は、その保険屋さんに連絡するのが良い様です。

加入している火災保険によって異なりますが、火事が起きた時に、上限100〜300万円で

保険金支給額の10〜30%が追加支給される臨時費用保険金と言うのがあります。

仮住まいの時のお金や日用品の購入、ホテルの宿泊代として使用できます。

加入している火災保険会社に問い合わせしてください。

それと余談で、私は今回の事で知りえたのですが、火災保険は火災保険と言うから、

火災にしか補償が出ないと思っていましたが、床上浸水による家具が壊れた時や、

強風によるガラスの破損などの自然災害が原因でダメージを受けた時の補償もしてくれるそうなのです。

なので、火災保険は、様々な災害や事故から保障して貰うために必要な有益な保険だと言う事を改めて思いました。

区役所で補助金を貰う

住んでいる地域の市役所または、区役所で罹災証明書を提出し申請をすれば、5万円〜20万円が支給される制度もあります。

私たちの住んでいる地域では、20万円きっちり頂きました。ww

その他の手続き

その他の手続きとして、燃えて無くなってしまった貴重品や実印、預貯金通帳、国民健康保険証など、公的書類、

国民年金手帳など財産に関連する書類あるいはそれに関連する物品の確認や再発行等必要に応じた手続きをします。

私たちの場合は、それらは、違う階に置いていたので、大丈夫でした。

家主との話し合いもしないといけないです。

今回、私たちは火災保険に加入していましたので、火災保険で賄って頂きました。

まぁ、それ以上を求められても、出るものも出ませんが・・・(-_-;)

 

引っ越し

今回の自宅が火事になりましたので、長年住んだ最高の私の遊び場を引っ越しする決意をしました。

次の所では、塗装出来る様な環境では・・・無いのですが、新しい環境に早く慣れ、このブログも再開していこうと思います。

では・・・この辺で・・・

自宅が火事になったら・・・自宅が火事になりましたwww

LINEで送る
[`yahoo` not found]

 - 世間話