TRENDY RUMOR

主に趣味の情報、芸能などのニュースをお届けします!

“顕在層”関連キーワード作成法vol.1-大阪ブログ構築-

      2017/03/04

LINEで送る
[`yahoo` not found]

スポンサーリンク

“顕在層”関連キーワード作成法-大阪嵐ブログ構築-
 
 
 
 
 
こんにちわ。まるきんですっ!!
 
 
 
前回、関連キーワードには“顕在層”と“潜在層”に
 
 
 
アプローチする二種類の関連キーワードがあり、
 
 
 
それらは同義の部分があるものの、基本的には異なるものだと
 
 
 
ご説明しました。今回はもう少し突っ込んで説明します。
 
 
 
まず、それぞれの特徴を以下まとめます。
 
【“顕在層”関連キーワードの特徴】
 
・「商品を買いたい人」にアプローチする
 
・成約率が高い
 
・競合が多い
 
・キーワード単価が高い
 
・バリエーションが限定される
 
・商品名に近いものがキーワードになる
 
 
 
【“潜在層”関連キーワードの特徴】
 
・「商品を買いたくなりそうな人」にアプローチする
 
・成約率が低い
 
・キーワード単価が低い
 
・バリエーションが拡大できる
 
・商品のターゲット、ジャンルに含まれるものがキーワードになる
 
この点を踏まえて、それぞれの関連キーワードを説明していきます。
 
 
 
まずは、顕在層関連キーワードから説明していきましょう。
 
 
 
 
 
顕在層関連キーワードは、比較的シンプルです。
 
 
 
キーワードの作り方は、以前にお伝えした
 
「ブレイクダウン」が基本になります。
 
 
 
つまり、その商品の構成要素を徹底的に分析し、
 
キーワード単位にバラバラにしてから、
 
それらの要素を組み合わせていく作業です。
 
 
 
「ANA Suicaカード」の顕在層関連キーワードは、
 
「クレジットカード マイル」
 
「カード Suica]
 
「VISAカード ANA」
 
といった「クレジットカード」を含むものから、
 
「マイレージポイント 還元率」
 
「Suica 年会費無料」
 
などの付帯サービスなども含まれるでしょう。
 
 
 
顕在層関連キーワードのヒントは、その商品の販売ページあるいは
 
オフィシャルサイトなどに、ほとんどが含まれているはずです。
 
 
 
組み合わせるアクションワードも、
 
 
 
購入、通販、申し込みなどの耳慣れた言葉で事足ります。
 
 
 
つまり、顕在層関連キーワードは、
 
これは今までに学んだ技術で十分対応できるのです。
 
 
 
 
 
一方、手法がシンプルであるがゆえ競合と差が付けにくいのも
 
顕在層関連キーワードの特徴です。
 
 
 
限られたキーワードに出稿が集中しているがゆえに、
 
入札単価は高騰しているケースが多いでしょう。
 
 
 
ですが、成約率が高いのもまた顕在層関連キーワードの特徴です。
 
 
 
多少入札金額が高いからあきらめるのは、もったいないです。
 
 
 
きっちりとコスト管理しながら出稿していけば充分に利益がでます。
 
 
 
赤字にならないキーワード価格を設定してください。
 
 
 
また運用をする中で今までに紹介した、
 
 
 
「高額キーワードの単価を下げる方法」を実践していけば、
 
利益率はどんどん上がっていきます。
 
 
 
顕在層関連キーワードは、キーワード単価が高いぶん、
 
日頃のチェックと改善が欠かせません。
 
 
 
顕在層関連キーワードについては以上になります。
 
 
 
顕在層関連キーワードは基本的にはシンプルな戦略で、
 
今までに学んだことで十分に実践可能なので今日からでも
 
試してみてください。
 
 
 
次回は、“潜在層”関連キーワードの作成法について紹介します。
 
潜在層関連キーワードは、「リサーチ」が勝負になります。
 
 
 
つまり、費やした時間と努力が勝負の分かれ目になるので、
 
ライバルとの差がつけやすいキーワード戦略です。
 
 

いつも応援ありがとうございます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

あなたのポチっとが記事を書く言動力になります。

もし良かったら↓↓↓ポチっとお願いします。


にほんブログ村

こんなまるきんに何かありましたら、下記よりどうぞ!

お名前 (ハンドルネーム可)

メールアドレス (必須)

メルマガやブログへの引用可否

質問概要

質問内容

 
“顕在層”関連キーワード作成法-大阪嵐ブログ構築-
LINEで送る
[`yahoo` not found]

 - ビジネス